2006年02月10日

国会提出時期こだわらず 首相、皇室典範改正で

小泉純一郎首相は9日夜、女性、女系天皇を容認する皇室典範改正案の国会提出時期について「期日にはこだわらない」と述べ、今国会での提出を見送る可能性を重ねて示唆した。

 与野党で改正案提出への慎重、反対意見が強まっていることに関し「よく議論していけば、改正は必要だという認識を持つようになる」と強調。政府が検討している改正案の内容修正については「議論していかなければならないだろう」と述べるにとどめた。官邸で記者団の質問に答えた。

 これに先立ち首相は自民党の武部勤幹事長、山崎拓前副総裁と官邸で相次いで会談し「全会一致(での成立)が望ましい」との考えを伝えた。

 山崎氏によると、首相は改正案の提出時期について「党内の空気を見極めたい」と指摘したという。武部氏に対しても「政争の具にせず、みんなが一致するのが望ましい」と慎重に対応する考えを強調した。(共同)



皇室典範改正が先送りになりそうなのでとりあえずは一安心だ。
それにしても紀子様と秋篠宮殿下は素晴らしい。
皇族の皇族たり得る所以を垣間見た。
今まで天皇陛下をはじめほとんどの皇族が発言を抑えていたのはこの為だったのかも知れない。
まさに皇族の社会的影響力の強さが示されたわけだが
考えられうる最高の効果を発揮したのではないか。


唯一欠点があるとすれば、今まで皇室典範改悪に反対する多くの人々のメールやブログで
訴えてきた地道な草の根運動よりも皇族の明確な意志表示一つに敵わないことが判明してしまったことか。結局烏合の衆がピーチク騒いでもなるようにしかならないのかというある種の諦念が自分の心に生まれたことが否定できない。去年から多くの人々が天皇の尊さに気付き、訴えてきた。それにも関わらず、法案が強行されようとした。反対派も増えてきたのでどうなるかはわからなかったが最終的な決め手となったのは間違いなく紀子様の御懐妊だった。今回の件が皇室に関わる内容だったゆえの結果とは思えない。社会に影響を与えられる人間なんて結局は極一部で、生まれた環境で既に道が分かたれているという結論に達するのではないか。

そう感じたら社会に対する興味が急速に薄れてきた。なるようにしかならないのならそれはもう他人に任せて自分はもっと楽しい事を考え、楽しいものを観ながら生きよう。


となりたいところだが残念ながら、オレにとって楽しいとは脳内にアドレナリンが放出されることだからな。どうしようもない程にこれからも怒りの対象を探し続けるしかない。

でもこれ以上に日本の危機が訪れるのか。神代の時から途絶える事無く続いてきた日本という国が滅ぶ原因は戦争ではなく平和というぬるま湯に漬かり過ぎた結果、身体が自然に腐敗して朽ち果てたとかマジ笑えんよ。既に其処彼処から腐臭が漂ってる。

やはりしばらくは腐臭を放つ古い細胞を攻撃して壊死させるのが当面の慰みにするか。

posted by edge13 at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 皇室典範改正問題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月08日

篠宮妃紀子さま、第3子ご懐妊

秋篠宮妃紀子さま(39)が懐妊されたことが7日分かった。宮内庁関係者によると、今年9月か10月に出産のご予定。経過は順調とみられる。秋篠宮さま(40)と紀子さまにとっては長女、眞子(まこ)さま(14)、二女、佳子(かこ)さま(11)に続く第3子。天皇、皇后両陛下にとっては、皇太子家の長女、愛子さま(4)に続く4人目の孫となられる。

 男子が誕生されると、皇室では1965年の秋篠宮さま以来41年ぶり。皇位継承順位は皇太子さま、秋篠宮さまに続く第3位。今国会にも法案が提出される予定の皇室典範改正の論議にも影響しそうだ。




御懐妊おめでとうございます。

ぜひとも男児を生んでほしい。
そうすれば女児しかいないんだからしょうがないという人間も目が覚ますかも知れない。
普通の神経なら妊婦である紀子様のお体を気遣って
こういう微妙な時期に皇室典範を変えようなどとは思わないだろう。
変人と揶揄されたあいつならそんな神経持ち合わせていないだろうがな。
第一犯罪者だし。

せっかくの慶事なのだから政局やら何やらで汚さないでほしい。
しかし清子様が結婚するという中で着々と皇室典範改悪を進めてきた連中だから無理かな。



posted by edge13 at 00:16| Comment(0) | TrackBack(3) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。