2007年02月12日

伊豆最古の湯、移動

<引用>
 静岡県伊豆市の修善寺温泉のシンボルで、開湯以来1200年間、川の中にあると伝わる「独鈷(とっこ)の湯」が、河川敷に移されそうだ。川の中で石を積み、かさ上げされている独鈷の湯が川の流れを阻害し、大雨の時にはんらんを引き起こす原因になりかねないためだ。

朝日新聞

<引用終わり>

こいつら本物のカスだな。
この温泉を移すのならお前らがどけ。
千二百年の歴史を謳うな。
修善時の名を名乗るな。

 岸辺に住んでいる以上水害なんて覚悟の上だろう。何度被害に遭っても建て直して修繕時温泉千二百年の歴史を絶やさない位の気骨を見せろ。
 そこに温泉が在ったからこそ、空海が神社を建て、夏目漱石が訪れ、川端康成が筆を取ったんだろうが。

 日本中の観光地はこんな連中ばっかりか。

posted by edge13 at 18:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。